black-long-tail

くろながしっぽが作ったCGなどを紹介していきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイギス パーツほぼ完成

アイギスの3DCGモデリングはほぼ完了。
アイギス3DCG製作中

何とかそれらしく出来上がった。と思う…。えりとリボンがチャームポイントですね。可愛いデザインです。こういう可愛いところと腕の機関銃や肩、股関節の無機的な部分とのギャップがいいですね。
後はもうちょっと金属や布の質感を追い込んで行きたいですが、今回はやっぱりテクスチャ必要かな?今のところ顔と腕章だけテクスチャマッピングしてます。

画像もう一点
アイギス3DCG製作中

髪の毛メタリック過ぎるですね。
もうちょっとでスケルトンの設定まで行けるのでがんばろう。
スポンサーサイト

アイギス 頭部と弾倉

アイギスの3DCGモデリング進行中。
頭部に着手しました。
アイギス3DCG製作中

今回も髪の毛の処理はフィギュア風にします。ざっと髪の毛のポリゴンを作って全体の感じやカチューシャ状のパーツとのバランスを見ている所。顔はまだダミーです。
目の形と顔のテクスチャも同時に進めないと似ているかどうか良く分からんですね。髪の毛もより自然になるようにさらにいじります。

手の銃の弾倉も作りました。
アイギス3DCG製作中

どんな弾なのかとか、給弾やら作動や排莢については考えない!

アイギス 手の銃

ペルソナ3よりアイギスの3DCGモデリングの続きです。

機銃の仕込まれた下腕部
アイギス3DCG製作中C

後はマガジンを作ると下腕は完成です。
射撃時には5銃身のガトリングガンみたいになるのかな。普段は普通に手として機能すると銃身はどうなってんだろう?不思議銃ですね。サイボーグ009にもこういう武器の人がいた気がする。あとグフ。

腕にくっつけてみました。
アイギス3DCG製作中B


現在頭部はダミーを仮に置いているので、顔と髪型を作ると大体見通しが立つ感じでしょうか。その後に胴体の細部に入る予定です。

M66 フトモモ

M66モデリングの続きです。
M66

胴体のプロポーションも微調整しつつ、大腿部を作成。こんなもんか?
キャラクターデザインは一見シンプルなんだけど実は各パーツの形状は結構難解な気がしてきた…。参照している画稿がアニメの作画用の設定資料だと思うのですが、割と読み取り幅の広い、解釈次第な絵になっていまして、おそらく意図的にそういう絵にしているのだと思うのですが3DCGでモデリングする時に形状やプロポーションについてあまり考えすぎるとドはまりしそう。つらくなる前に切り上げる方向で進めよう…。

アイギス作り始めてみた

ペルソナ3に登場するロボ子ちゃんのアイギスの3DCGモデリングを始めてみました。

アイギス3DCG製作中A


頭はダミーが乗っています。おおむねプロポーションを決めて細部を作り始めた、という段階。ここまで3日くらい、正味6~7時間くらい作業してます。なんか手が遅くなってるな。
キャラクタのイラストを見ながら肩と脚の付け根の三角穴のところが一番めんどくさそうだな思っていたら案の定だった。3角形の角の周辺や腿の断面の曲線が歪む…。完璧に作るのはえらい大変そうなのでどこであきらめるかだなあ。
でも粗密のはっきりした面白いデザインのキャラだと思います。うまく出来上がると良いな。

ちなみに以前に作り始めを紹介したM66対人自動歩兵も同時進行でちまちまいじっています。

  

リング上の桜姫その2

桜姫は原作でも結構弱くて、いつも敵に色っぽく痛めつけられる役だったので、ダウンしている画像も作ってみました。
仰向けにダウン
桜姫コーナーポストD


うつ伏せにダウン
桜姫コーナーポストC


最後にコーナーポストに持たれて笑顔。
桜姫コーナーポストD

横長バージョンも作ったのでついでにUP
桜姫コーナーポストE

1920×1200pixelで作りましたので合う方は壁紙にどうぞ。

figma桜姫に触発されて作り始めた今回の3DCG桜姫ですが、思いついた絵は一通り作ったのでひとまず今回でラストです。モデリングしたりポーズつけたり楽しかったです!
さて次は何作ろうかな。

リング上の桜姫

プラレスのリングを模したディスプレイベース上の桜姫です。
桜姫コーナーポストA

背面
桜姫コーナーポストB

コーナーポストも何となく未来的にした。トップにリング内を監視するセンサーをつけたり、支柱とロープをつなぐスプリングをダンパーぽくしてみたり。
figmaにもこんなベースがあればいいなと思いましたが、実際には作れないのでせめてCGで作ってみました。

こちらは颯爽とリングに飛び込む桜姫。セットアップ!
桜姫コーナーポストC

figma桜姫 買ってきた!

近所のお店に入荷してました。一緒に並べてあった柔王丸は悩んだ末にスルー…。
大きさは体長12~13センチくらい。原作の劇中に登場するプラレスラーの半分くらいの感覚でしょうか?顔も可愛い。
figma桜姫C


実はこれが初figmaなのですが、小さいのに良く動いて実に楽しいですね。脚もこんなに上がります。
figma桜姫B

figma桜姫D


お尻はこんな感じ
figma桜姫E
Tバックじゃなかった。

3DCGモデルの桜姫を作るためにこのフィグマを参考にしたのですが、ウェブ上で集めた写真の印象ではもっと大きい感じがしていました。実物は予想以上にコンパクト。つまり造形に含まれる情報の密度がとても高い製品だと思います。プロテクターの細部は多少ダレている所もありますが、一見つるっとした肌の部分の曲面が入念に作り込まれ、異常な充実感、存在感があります。要するにエロいです。お腹と太もものパーツは小さいのに見ごたえがあって満足!開発に関った方々に拍手を贈りたいと思います。

桜姫というキャラクタが好きな人は買って損しないと思います。値段も大きさも手ごろだし、プラレスラーというキャラクタを活かしたアクションフィギュアでこのクオリティの製品は今後しばらく出ない気がする。結構マニアックなキャラだし、プラレス3四郎のリバイバルブームも来ないだろうしな…。

お座りポーズ。
figma桜姫A


その他のfigma

作り始めてみたもの

桜姫の後は何を作ろうかなと考えていたんですが、何となく着手したもの。

M66胴体

またメカ娘ですが、士郎正宗さん原作、監督の「BLACK MAGIC M66」よりM66対人自動歩兵。まだ胴体部分だけです。桜姫のモデルを流用して簡単に作れるかと思ったら甘かった。プロポーションやパーツの構成が全然違うよ…。

OVAが発売されたのが1987年です。いやー20年前ですね。でも、原作の士郎正宗さんが脚本、絵コンテも担当されていて、M66と特殊部隊の接近戦は今でも見ごたえがあると思います。M66という人形をめぐるお話なので同じく人形をテーマにした押井守監督の「イノセンス」(こちらも原作は士郎正宗さん)と見比べて見たりすると押井さんと士郎さんのアプローチの違いが見えて面白いかも。くろながしっぽはどっちも好きです。
しかしM66もfigmaとかリボルテックで出ればいいのにな。12インチアクションフィギュアでもいいな。

 

桜姫 メンテチェア続き

メンテナンス用チェアと桜姫のCG情景シリーズその2です。
椅子に座ろうとする桜姫。「よいしょ。あれ?このイス変!どうやって座るの??」
桜姫メンテC
なんかねー、原作劇中での桜姫の言動からの印象なんですがあんまり頭良くない子な気がするんですよね。しかもプラレスもあんまり強くない…というか弱い。でもまーそんなポンコツぶりが可愛いわけですよ。

上の画像の横長バージョン。 
桜姫メンテD
縦長と横長とどっちにしようかと思って2種類作ったんですが、せっかくなのでこっちも載せときます。

お腹のチップの交換中の桜姫。
桜姫メンテE
ちょっと恥ずかしげな表情にしてみましたが、ヘッドギアでまゆげが見えにくいので困りました。何とかそれらしくなった。
しかし前から思ってたけど桜姫のパンツ(?)のデザインは貞操帯ぽくてエロいな。

メンテチェア関係のCGはとりあえず以上です。


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。