black-long-tail

くろながしっぽが作ったCGなどを紹介していきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白羽衣つむぎ:3DCG:台座をつけてポージング

「シドニアの騎士」のつむぎちゃん3DCGモデルを作っています。

前回の状態から腰の下に台座を追加し、上半身にちょっとしたポーズをつけてみました。
131228_imageA.jpg 131228_imageB.jpg
131228_imageC.jpg 131228_imageD.jpg

ZbrushのZRemesherというポリゴンリダクション機能を使用して数万ポリゴン程度の比較的低ポリゴンのモデルを生成し、これをsoftimageに読み込んでボーンなどを入れてポーズ付けを行いました。
131228_imageJ.jpg
上図のように使い慣れたsoftimageでポーズをつけ、obj形式でZBrushに戻してtranceposeMasterという機能で元のメッシュを変型させています。
131228_imageK.jpg

台座にも何となくそれらしい模様を入れてひとまず完成。
色や質感についてはとりあえず保留です…。

131228_imageF.jpg 131228_imageE.jpg
131228_imageG.jpg 131228_imageL.jpg


ついでに触手バージョンのつむぎもZBrushに読み込んでみました。
131228_imageH.jpg 131228_imageI.jpg

ZBrushのこの赤いワックス質感が結構好きなんです。



スポンサーサイト

白羽衣つむぎ:3DCG:zbrushでさらにスカルプト

「シドニアの騎士」のつむぎちゃん3DCGの続きです。

zbrushでさらにスカルプトしていきました。
131217_imageA.jpg 131217_imageB.jpg
表面のディテールや左腕の装甲版?、首のトゲなど追加。
仁瓶先生の原作漫画を参考にしつつも、結構自由に作ってしまいました。

顔にも目?のディテールを入れました。
131217_imageC.jpg 131217_imageD.jpg
ブラシの扱いがどうにもまだまだままならないのですが、この辺りが現在の精一杯のようです…。

ここまでで表面の作りこみは一旦終えて、腕や首などにちょっとしたポーズなど付けてみようと思います。
あと下半身の代わりに台座的なオブジェクトも作る予定。

それから、せっかくつむぎちゃんを作っているので、触手バージョンも作成。
131217_imageE.jpg 131217_imageF.jpg
巨大兵器のつむぎが人間とコミュニケーションするときの触手です。
こちらはいつも通りsoftimageでさくっと作りました。

原作漫画8巻のこちらのページのイメージです。
131217_imageG.jpg
思いっきり亀頭みたいなナリをしているため最初は何という卑猥なキャラなのかと戦慄したものですが、
明るくて優しい良い子な上に感情表現が豊かでしぐさがいちいち可愛いのでくろながしっぽ的に2013年の最萌えキャラとなっております。
アニメ版にも登場するといいなあ。



シドニアの騎士アニメ版公式サイト:
http://www.knightsofsidonia.com/top.html






白羽衣つむぎ:3DCG:zbrushでスカルプト

「シドニアの騎士」の人外ヒロインつむぎちゃんをzburushで作っています。
前回作成したベースの形状の表面にディテールを作り込んでいきました。

131215_imageA.jpg 131215_imageB.jpg

原作の漫画の描写から形状を読み取って反映させつつ、ある程度自由に作成しました。
背中などはほとんど想像で作っています。
タブレットを使用してオブジェクトの表面にブラシでディテールを作り起こしていくという感じはいつもやっているsoftimageなどでポリゴンやエッジを編集して作るやり方と違って新鮮です。
まだまだ稚拙ですがかなり楽しい。

使用したブラシは主に下の2種類です。
・clayBuildUpBrushのアルファ無しで形の盛り上げ、掘り起こしなど
・dam_standardで筋彫り的表現など

その他、smoothで撫で付けたりmoveブラシで適宜大きな形状やプロポーションの調整を加えながら進めました。
もっと色々なブラシを使いこなしたいところですが、とにかく一つ完成させるのが今回の目標なのであまり欲張らずに押し進めました。
顔の滑らかな曲面や筋彫りのエッジなどがどうにも歪むというかヨれてしまう…。
この辺は今後の課題ですね。
ワコムのCintiqなどの液晶タブレットで定規とか使ったらエッジがもっとまっすぐになるかなあ。

今後、さらに各ディテールを作り込み、左腕のプレート状パーツなど追加していきます。
完成形は全身を作ると大ボリュームになりすぎて途中でくじけそうなので、上半身のみの予定です。


白羽衣つむぎ:3DCG:zbrushに挑戦

大好きな仁瓶勉先生の漫画「シドニアの騎士」の人外ヒロインつむぎちゃんをzburushで作っています。
こんなキャラクター。
131212_imageB.jpg
巨大な人造人間?の女の子です。

今年の7月くらいからzbrushの練習をちょっとづつしていたのですが、習熟のためには何かひとつ作り上げるのがやはり効果的と思い、つむぎちゃんに挑戦。
使い慣れたsoftimageでベースとなるポリゴンを作成してzbrushで細部をスカルプトという方法もあるのですが、練習のために今回は全部zbrushで作ろうと思います。

とりあえずzsphereという機能を使って基本となる形状を作ります。が…。
131212_imageA.jpg
zsphereで適当にもりもり盛り付けていくのは結構楽しいのですが、目標の形状に近づけようとするとやはり中々ままならない…。しかもかなり気色悪い。
早くも心が折れそうですが必死で続行。

zsphereをポリメッシュに変換してスカルプトブラシで表面をならしていきました。
131212_imageC.jpg 131212_imageD.jpg
何とかベース形状っぽくなったか?不安がぬぐい切れないけど、ムーブブラシなどでプロポーションをさらに調整して細部の加工に進みます。


  



FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。