black-long-tail

くろながしっぽが作ったCGなどを紹介していきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真希波・マリ・イラストリアス ザ・ビースト

3D真希波のザ・ビースト画像完成です。
真希波ビースト

エントリープラグ内で裏コードのスタートを宣言する真希波の図。

ざっと今回の画像の素材や過程を紹介します。
こちらがXSIでレンダリングした生のCG画像。
真希波素材
キャラ、操縦席、エントリープラグの壁面のラインの3枚に加え、念のために各レイヤーの深度マップも吐き出しています。

背景の材料はこちらです。
背景素材
以前に手慰みに指先ツールでぐりぐりと描いた画像です。これを色、コントラストなどを調整してオーバーレイなどで重ねて背景とします。
何となく攻撃的な炎?または電光のような感じにしようと思いながら作業しました。
背景素材
こうして作った背景を3DCG画像の背後に置き、キャラの輪郭のエッジをぼかしたり色を調整したりしてなじませます。さらに奥行き、空間感などが出るといいな…と念じながらレイヤーやフィルタを調整したりブラシでハイライトを描き足したりして最終的なイメージにしていきます。

下は別アングルからのレンダリング画像ですが、背景や合成作業のテストとして先行して作ったもの。
真希波ビースト

どうにも拙い作業内容ですが今回の工程は大体以上です。
映画の記憶を思い出しながら作ったのでもう一度「破」を観たら違ってるところもあるかも…。

スポンサーサイト

真希波・マリ・イラストリアス フィギュア…っぽくレンダしてみた

ビースト状態の真希波の3DCGをなんちゃってフィギュアっぽくレンダリングしてみました。
真希波プラグスーツ
スケールは1/6程度(27cmくらい)を想定。
ポーズが素っ立ちで芸が無いのには理由がありまして、ボーンへのウェイトマッピングが上手くできなかったからです…。お尻から太ももにかけて巻きついている青いラインが脚を上げた時に乱れるのを上手く調整できない…。ポリゴンの配置など見直してもうちょっと修正してみようと思います。

真希波・マリ・イラストリアス ビースト歯

真希波の3DCGモデルで例の裏モード、ザ・ビーストをやろうと思って顔のパーツをいじっていました。

ビースト用真希波の歯モデル。
真希波途中

歯、一本一本の縦のラインより噛み合わせの横のラインを強調してアニメ的な表現にしてみます。
これを入れ歯みたいに口のところに配置します。

顔も作ります。
真希波途中

映画の表情を思い出しながら怖い感じにしました。
通常の顔からの変形用ターゲットモデルにしようと思っていたのですが、眉間のしわを通常モデルから作れなかったので(エッジが足りなかった)別モデルにしました。
口も笑った形に変形させます。シグルイ4巻に「笑うという表情は獣が牙を剥く行為が原点である」と書いてあって、なるほどなーと思ったけどホント?

今回の真希波ビースト顔の作成に辺り、前述の漫画「シグルイ」と最近新刊が出た「ブラック・ラグーン」を参考にしました。
ブラック・ラグーンの登場人物がよくこういう悪そうな笑い方してるよね。

 


ビースト真希波をテストレンダリング。
真希波途中

うーん、こんな感じだったかなあ?
この後ライティングして本番のレンダを行います。

真希波・マリ・イラストリアス モデリング完了

真希波のプラグスーツの3DCGモデルの各部に質感を設定しました。
真希波プラグスーツ

ピンクのところはぴかぴかに映りこむ感じ、黒いところは繊維的な感じにしました。
これで真希波のモデルはひとまず完成です。

身体の表面の各ディテールが思いのほか作るのが大変だった…。プラグスーツはシンプルに見えてとても繊細なデザインですね。
真希波のピンクのプラグスーツは今までのスーツに無く有機的で面白いのですが、胸、胴体に食い込む爪のような意匠が痛々しくて彼女の劇中での行く末が少々不安に…。

真希波プラグスーツ

真希波プラグスーツ


今後、以前に作ったエントリープラグシートなどと絡ませてレンダリングしてみたいと思います。

真希波・マリ・イラストリアス 髪の毛できた

真希波の3DCGモデルの髪の毛できました。
真希波途中

一応できたつもりなんだけど、分け目の感じとかもうちょっといじりたいかも…。
髪の毛の他にも胸の赤い部品(カラータイマー?)とかプラグスーツの細かい部品も作って一通りモデリングは完了です。

真希波途中

この後、質感設定をします。やっとピンク色になります。

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。